エキスパートメール 詳細レビュー 機能解説

「エキスパートメール」パーフェクトガイド

「エキスパートメール」のステップ分岐機能設定方法

読了までの目安時間:約 9分

「エキスパートメール」においてのステップ分岐機能の設定方法について解説いたします。

はじめに


「エキスパートメール」は非常に多くの機能が備わっています。


そのため、複数の機能を組み合わせることでシステマチックな仕組みを構築することが可能です。


今回は複数の機能を組み合わせることでステップ分岐の機能を設定する方法について説明したいと思います。


ステップ分岐機能とは簡単に説明すると以下のような機能を実現するためのものになります。


◆実現したい内容

  • メルマガ基礎講座のステップメールを配信しているが、そのメルマガ講座の最終メルマガの本文内で、購読読者に今後3つ(ライティング講座、マーケティング講座、ブランディング講座)の中からどのメルマガ講座を受講したいかを選択してもらい、選択された講座のステップメールが自動的に配信されるような仕組みを構築したい。



stepseparate01


◆実現させるために行う設定内容

  1. 「メルマガ基礎講座」、「ライティング講座」、「マーケティング講座」、「ブランディング講座」の4種類のステップメールの文章を作成する。

  2. 「メルマガ基礎講座」の最終号の本文内に、「ライティング講座」、「マーケティング講座」、「ブランディング講座」の3つの中から、どの講座を受講したいか選択を行うための読者情報変更設定ができる短縮URLを配置する。

  3. 読者情報の設定内容ごとに、「ライティング講座」、「マーケティング講座」、「ブランディング講座」それぞれのステップメールが自動配信されるように配信条件設定を行う。



これらの内容を「エキスパートメール」であれば、機能を組み合わせることで実現させることができます。


なお、今回のステップ分岐機能の設定では大きく分けて以下の3つの機能を利用して実現します。


    • ステップメール作成
    • 短縮URL(読者情報変更)
    • 配信条件設定(絞り込み条件設定)



以下に、ステップ分岐機能の設定方法について説明したいと思います。


ステップメールの作成作業


ステップメールの作成作業を行います。


まず、「メルマガ基礎講座」、「ライティング講座」、「マーケティング講座」、「ブランディング講座」の4種類のステップメールを各5話の合計20話のステップメールの作成を行います。


(※ステップメールの作成及び設定方法の詳細については「ステップメール設定方法」の記事を参考にしてください。)


短縮URL(情報変更)の設定作業


短縮URLの設定作業を行います。


(※短縮URLの詳細については「短縮URLの設定方法」の記事を参考にしてください。)


「メルマガ基礎講座」の最終回である5通目のステップメールの編集画面を開きます。


本文中に短縮URL機能を使用するためにURLを配置しておきます。


記事の作成作業が完了しましたら、「次へ」ボタンをクリックしてください。


stepseparaten01


短縮URLの設定画面が表示されますので、使用するURL全てにチェックを入れて下さい。


情報変更欄には全て同じ項目を設定します。なお今回は「自由項目01」に設定して作業を行います。


更新値には、それぞれのURLに各ステップメールを紐付けるため、変更情報の欄に「ライティング講座」、「マーケティング講座」、「ブランディング講座」の文字を入力して下さい。


入力が完了しましたら、設定を保存してください。


stepseparaten02


配信条件の設定作業


作成した「ライティング講座」、「マーケティング講座」、「ブランディング講座」の3つのステップメールの配信条件を設定します。


(※配信先条件絞込の設定方法の詳細については「配信条件設定方法」の記事を参考にしてください。)

ライティング講座の設定


以下の条件で作成を実施します。



    • フィルタ名:
    • 「ライティング講座」と入力します。

    • 絞りこみ方法:
    • 「全てを含む」を選択します。

    • 自由項目01:
    • 「ライティング講座」と入力します。
      「と一致する」を選択します。



stepseparaten05


stepseparaten06


stepseparaten07

マーケティング講座の設定


以下の条件で作成を実施します。



    • フィルタ名:
    • 「マーケティング講座」と入力します。

    • 絞りこみ方法:
    • 「全てを含む」を選択します。

    • 自由項目01:
    • 「マーケティング講座」と入力します。
      「と一致する」を選択します。



stepseparaten08


stepseparaten09


stepseparaten10

ブランディング講座の設定


以下の条件で作成を実施します。



    • フィルタ名:
    • 「ブランディング講座」と入力します。

    • 絞りこみ方法:
    • 「全てを含む」を選択します。

    • 自由項目01:
    • 「ブランディング講座」と入力します。
      「と一致する」を選択します。



stepseparaten11


stepseparaten12


stepseparaten13

設定一覧の確認


以下の図のように、3種類の配信条件が作成されていることを確認して下さい。


stepseparaten14


配信条件の追加作業


「ライティング講座」、「マーケティング講座」、「ブランディング講座」の3つのステップメールに配信条件の設定を適用させるための作業を行います。

ライティング講座の設定


ライティング講座で配信予定である5通のステップメールの編集画面をそれぞれ開き、絞り込み条件を「ライティング講座」を選択して更新します。


stepseparaten15


※この絞り込み条件設定作業をライティング講座の5通分行います。


マーケティング講座の設定


マーケティング講座で配信予定である5通のステップメールの編集画面をそれぞれ開き、絞り込み条件を「マーケティング講座」を選択して設定します。


stepseparaten16


※この絞り込み条件設定作業をマーケティング講座の5通分行います。


ブランディング講座の設定


ブランディング講座で配信予定である5通のステップメールの編集画面をそれぞれ開き、絞り込み条件を「ブランディング講座」を選択して設定します。


stepseparaten17


※この絞り込み条件設定作業をブランディング講座の5通分行います。


送信テストの実施


正常に設定したステップメールが配信されるかを確認する作業を行います。


登録するアドレスはご自分の所有しているアドレスのみを登録して実際に配信作業を行ってください。


stepseparaten18


読者の本登録


テストが完了後に、ステップメールを配信したい読者をメルマガに本登録して下さい。


以上で、ステップ分岐機能の設定作業は完了です。




 

タグ :

Tips