エキスパートメール 詳細レビュー 機能解説

「エキスパートメール」パーフェクトガイド

「エキスパートメール」の置換文字の種類と使用方法

読了までの目安時間:約 7分

「エキスパートメール」においての置換文字の種類と使用方法について解説いたします。

はじめに


「エキスパートメール」では便利な置換文字機能が用意されています。


この機能を利用することで、読者の名前を自動的に差し込んだり(パーソナライゼーション)、事前に作成しておいた文章を入れ込むことが可能です。


メルマガ配信では必須の機能と言えますので、内容を理解して使いこなせるようにしておきましょう。


「エキスパートメール」では一括メールとステップメールの作成において置換文字を使用することができます。


以下に、一括メールを配信する場合を例に置換文字の利用方法についてご説明したいと思います。


置換文字の種類一覧


「エキスパートメール」では以下の3種類の情報を置換文字として利用することができます。


    • 基本情報
    • 個人情報
    • 自由項目


基本情報


基本情報では置換文字として以下の項目を設定することができます。

replacementn12


    • %%No%%
    • 読者Noに置換することができます。

    • %%Email%%
    • 読者のメールアドレスに置換することができます。

    • %%Name%%
    • 読者の名前 (姓 名)に置換することができます。

    • %%NameSei%%
    • 読者の名前(姓)に置換することができます。

    • %%NameMei%%
    • 読者の名前(名)に置換することができます。

    • %%RubySei%%
    • 読者の名前(姓ふりがな)に置換することができます。

    • %%RubyMei%%
    • 読者の名前(名ふりがな)に置換することができます。

    • %%Name-email%%
    • 読者の名前が登録されていれば読者の名前に置換され、登録されていなければ読者のメールアドレスに置換することができます。

    • %%Syubetsu%%
    • 読者の登録種別に置換することができます。

    • %%Free1%%から%%Free10%%
    • テンプレートのフリー差し込みで設定した「差し込み項目01」から「差し込み項目10」(合計10項目)に入力されているそれぞれの情報を置換することができます。

    • %%Delpage%%
    • 解除ページのURLに置換することができます。



個人情報


個人情報では置換文字として以下の項目を設定することができます。

replacementn13


    • %%Company_Name%%
    • 読者の会社名に置換することができます。

    • %%Company_Ruby%%
    • 読者の会社名ふりがなに置換することができます。

    • %%Department_Name%%
    • 読者の部署名に置換することができます。

    • %%Birthday%%
    • 読者の誕生日に置換することができます。

    • %%Sex%%
    • 読者の性別に置換することができます。

    • %%Zip_No%%
    • 読者の郵便番号に置換することができます。

    • %%Pref%%
    • 読者の県名に置換することができます。

    • %%Address_1%%
    • 読者の住所(市区町村)に置換することができます。

    • %%Address_2%%
    • 読者の住所(番地等)に置換することができます。

    • %%Address_3%%
    • 読者の住所(建物名・部屋番号)に置換することができます。

    • %%Tel%%
    • 読者の電話番号に置換することができます。

    • %%Fax%%
    • 読者のFAX番号に置換することができます。

    • %%MobileTel%%
    • 読者の携帯電話番号に置換することができます。



自由項目


自由項目では置換文字として以下の項目を設定することができます。

replacementn14


    • %%C01%%から%%C50%%
    • 「自由項目01」から「自由項目50」(合計50項目)に入力されている値にそれぞれを置換することができます。



置換文字の使用方法


一括メールで「名前」の置換文字を使用する方法についてご説明します。


(※メルマガ(一括メール)の配信方法の詳細については「メルマガ(一括メール)配信設定方法」の記事を参考にしてください。)


今回の例では、以下の図のように「名前」には「◯◯ □□」と入力されていると仮定します。


replacementn04


一括メールを配信したいメルマガを選択します。


stepmailn18


メルマガメニューの中にある、「新規メール作成」をクリックしてください。


replacementn15


新規メール作成の画面が表示されますので、「置換文字」ボタンをクリックしてください。


replacementn16


置換文字の一覧が表示されますので、置換文字を選択したい位置にカーソルを配置後、「読者の名前(姓 名)」の置換文字である「%%Name%%」をクリックしてください。


replacementn17


以下の画面のように置換文字が設置されることを確認します。


replacementn18


今回は例として、以下のように件名及び本文内に置換文字を設置しました。


replacementn19


一括メール配信後には、以下の図のように「名前」部分の置換文字を設置した箇所に「◯◯ □□」と読者情報の名前欄に記載された内容が挿入されてメルマガ配信されます。


replacementn11


以上で、置換文字の使用に関する作業は完了です。




 

タグ :

メール配信

「エキスパートメール」の配信条件設定方法

読了までの目安時間:約 4分

「エキスパートメール」において登録情報を活用して配信条件を設定するための方法について解説いたします。

はじめに


「エキスパートメール」では、読者登録時に個別に登録した情報を利用して、メルマガ(一括メール)及びステップメールの配信条件を設定することができます。


この配信条件を設定することで、ターゲットとしている層にのみ適切なメルマガ配信を行うことが可能となります。


配信条件設定では、以下の2通りを設定することができます。


    • 頻繁に使用する配信条件を設定して保存する方法
    • 配信するメルマガのみに一時的に配信条件を設定する方法


以下に、配信条件の設定方法についてご説明したいと思います。


配信条件の設定方法


管理画面にログインし、設定したいメルマガのタイトルをクリックして下さい。


deliverconditionn01


メルマガメニューの中にある、「フィルタ設定」をクリックして下さい。


deliverconditionn02


「フィルタ新規登録」をクリックして下さい。


deliverconditionn03


フィルタ登録を設定する画面が表示されます。


例として、配信条件を「男性」とした場合でご説明します。


フィルタ名は、わかりやすいように「男性のみ」と入力しました。


※今回は、すでに「自由項目01」欄に「男性」という文字列が入力されているという前提になります。


絞り込み方法は、「詳細絞り込み」ボタンを選択して下さい。


deliverconditionn04


絞り込み設定画面が表示されます。


自由項目・登録種別欄にあるプルダウンメニューから「自由項目01」を選択し、右側の入力欄に「男性」と入力して下さい。


選択のメニューでは、「と一致する」を選択して下さい。


設定が完了したら、「決定」ボタンをクリックして下さい。


deliverconditionn05


配信条件の内容を表記した画面が表示されます。


確認後、「次へ」ボタンをクリックして下さい。


deliverconditionn06


実際に設定した配信条件が正しく設定されているかを確認するため、配信対象者となるリストを確認します。


「リスト確認」ボタンをクリックして下さい。


deliverconditionn07


配信設定した条件に適合するリスト一覧が表示されます。


deliverconditionn11


配信条件が適切に設定されていることを確認後、「登録する」ボタンをクリックして下さい。


deliverconditionn07-1


登録を完了したことを示す画面が表示され赤枠で囲った部分が、今回作成した配信条件になります。


deliverconditionn08


続いて、メルマガ(一括メール)を配信するためメルマガメニューの中にある、「新規メール作成」をクリックして下さい。


deliverconditionn09


配信条件欄の、絞り込み条件で先ほど作成した「男性のみ」を選択して下さい。


選択が完了したら、「次へ」ボタンをクリックして下さい。


deliverconditionn10


以上で、配信先条件設定を行った読者に対してのみメルマガが配信されます。


一時的に配信条件を設定する方法


一時的に配信条件を設定したい場合には、絞り込み条件から「個別設定」を選択して下さい。


deliverconditionn15


個別設定を選択すると、絞り込み条件を入力する画面が表示されます。


※作成したメルマガ内でのみ有効な配信条件設定となるため、設定した配信条件情報は保存されません。


deliverconditionn16


以上で、一時的に配信条件を設定する場合の作業は完了です。



 

タグ :

メール配信

「エキスパートメール」のHTMLメール作成方法

読了までの目安時間:約 2分

「エキスパートメール」においてHTMLメールの作成方法について解説いたします。

はじめに


「エキスパートメール」では、HTML形式でのメール作成を行うことができます。


HTMLメールを使用するメリットは、画像などが貼り付けられるため、メールを装飾することが可能である点です。


以下に、HTMLメールの作成方法についてご説明したいと思います。


HTMLメールの作成方法


HTMLメールの作成方法についてご説明したいと思います。


管理画面にログインし、設定したいメルマガのタイトルをクリックして下さい。


htmlmailn01


メルマガメニューの中にある、「新規メール作成」をクリックして下さい。


htmlmailn02


HTMLメールを作成するためには、メールタイプを、「HTML」にチェックを入れて下さい。


htmlmailn03


入力画面が切り替わり、HTMLを挿入することが可能となります。


画像などを挿入して文面を作成して下さい。


作成が完了したら、「次へ」ボタンをクリックして下さい。


htmlmailn04


短縮URLの設定画面が表示されますので設定後、「次へ」ボタンをクリックして下さい。


(※短縮URLの詳細については「短縮URLの設定方法」の記事を参考にしてください。)


htmlmailn05


確認画面が表示されますので、問題がなければ、「作成する」ボタンをクリックして下さい。


htmlmailn06


作成が完了したことを示す画面が表示されます。


htmlmailn07


以上で、HTMLメールの作成作業は完了です。




 

タグ :

メール配信

「エキスパートメール」の短縮URL設定方法

読了までの目安時間:約 3分

「エキスパートメール」において短縮URLの利用方法及び自由項目の自動書き換え設定方法について解説いたします。

はじめに


短縮URLを利用して、メルマガ読者の動向調査をすることができます。


この機能を使用すれば、クリック分析や自由項目の自動書き換えなど行うことができます。


以下に、短縮URLの設定方法についてご説明したいと思います。


短縮URLの設定方法


まず、管理画面にログインし、設定したいメルマガをクリックして下さい。


shorturln01


メルマガメニューの中にある、「新規メール作成」をクリックして下さい。


shorturln02


記事の内容を記入後、「次へ」ボタンをクリックして下さい。


※短縮URLを使用する場合、本文中にURLの表記が必ず必要になります。


(※クリック分析の設定及び確認方法の詳細については「クリック分析の設定及び確認方法」の記事を参考にしてください。)


shorturln03


短縮URLを設定する画面が表示され、メルマガ本文に記述したURLの一覧が自動的に抽出され表示されます。


shorturln04


短縮URLの機能を利用したいURLにチェックを入れて下さい。


shorturln05


短縮URL機能で、自動的に読者情報を変更したい項目をプルダウンで選択して下さい。


更新値の欄には、URLをクリックされた時に設定した項目に書き込みを行いたい文字列を入力して下さい。


「最後」にクリックされたURLの文字列が指定した自由項目の中に記録されます。


shorturln06


グループ設定は、同じ文字列を入力したURLをグループとみなし、「最初」にクリックされた文字列を指定した項目内に記録されます。


shorturln07


入力が完了しましたら、「次へ」ボタンをクリックして下さい。


shorturln08


入力内容の確認後、「作成する」ボタンをクリックして下さい。


shorturln09


一括メールの作成が完了したことを示す画面が表示されます。


shorturln10


以上で、短縮URLの設定作業は完了です。


なお、実際にメールが配信されると、以下の図のようにURLが短縮URLで表記されます。


shorturln11





 

タグ :  

メール配信

「エキスパートメール」のメルマガ(一括メール)配信方法

読了までの目安時間:約 5分

「エキスパートメール」においてメルマガを配信するための方法について解説いたします。

はじめに


メルマガを発行するためには、メルマガを作成し配信する必要があります。


メルマガ配信作業は定期的に行う必要がありますので、基本的な操作を習得しておきましょう。


以下に、メルマガ(一括メール)の作成及び配信設定方法と配信履歴の確認方法についてご説明したいと思います。


メルマガ(一括メール)の作成及び配信設定方法


まず、メルマガの作成方法及び配信設定方法についてご説明したいと思います。


管理画面にログインし、設定したいメルマガのタイトル部分をクリックして下さい。


mailmagazinen01


※メルマガの作成方法の詳細については「メルマガの作成方法」の記事を参考にしてください。


メルマガメニューの中にある、「新規メール作成」をクリックして下さい。


mailmagazinen02


メール文面を作成する画面が表示されますので、以下の項目を設定します。


  • メール文面

      • 件名:
      • 配信したいメルマガのタイトルを入力してください。

      • メールタイプ:
      • 「テキスト」「HTML」の形式を選択してください。
        通常は「テキスト」形式で作成します。

        ※HTMLメールの作成方法の詳細については「HTMLメールの作成方法」の記事を参考にしてください。

      • 本文:
      • メルマガで配信したい内容を記述してください。

  • 配信条件

      • 配信日時:
      • メルマガを配信したい日時を入力してください。
        なお登録後、すぐにメルマガを配信開始したい場合には日時を過去の時間に合わせて設定して下さい。

      • 絞り込み条件:
      • 今回は特に設定を行いません。

        ※配信先条件絞込の詳細については「配信条件設定方法」の記事を参考にしてください。



設定が完了しましたら、「次へ」ボタンをクリックして下さい。


mailmagazinen03


短縮URLを設定する画面が表示されます。


※短縮URLの詳細については「短縮URLの設定方法」の記事を参考にしてください。


設定が完了しましたら、「次へ」ボタンをクリックして下さい。


mailmagazinen04


確認画面が表示されますので内容を確認後、「作成する」ボタンをクリックして下さい。


mailmagazinen05


作成完了の画面が表示されます。


mailmagazinen06


以上で、メルマガ(一括メール)の作成及び配信設定に関する作業は完了です。


テスト配信方法


メルマガ(一括メール)のテスト配信方法についてご説明します。


メルマガの文章を作成し短縮URLの設定を完了した後に表示される確認画面上で、テスト配信を行うことができます。


「エキスパートメール」では、指定したメールアドレスに対してメルマガをテスト配信することができます。


テスト配信設定の欄に、テスト配信先に指定したいメールアドレスを入力します。


メールアドレスを入力後、「このアドレスに送信する」ボタンをクリックして下さい。


mailmagazinen07


テスト配信されたことを示す画面が表示されますので、「OK」ボタンをクリックしてください。


mailmagazinen08


実際にテスト配信が行われると、以下の様な内容でメール配信されます。


mailmagazinen09


以上で、テスト配信に関する作業は完了です。


配信履歴の確認方法


メルマガ(一括メール)が正常配信されたかを確認するために使用する配信履歴の確認方法についてご説明したいと思います。


メルマガメニューをの中にある、「メール配信履歴」をクリックしてください。


mailmagazinen10


登録した一括メールの配信状況を一覧で確認することができます。


正常に配信されているかをこちらの履歴で確認するようにして下さい。


mailmagazinen11


以上で、メルマガ(一括メール)配信履歴の確認作業は完了です。




 

タグ :   

メール配信

「エキスパートメール」のテンプレート設定方法

読了までの目安時間:約 5分

「エキスパートメール」のテンプレートの設定及び利用方法について解説いたします。

はじめに


「エキスパートメール」では、置換文字を利用して、名前の差し込みや、テンプレートに設定した文字を入力する機能があります。


そこで、テンプレートによく使用する内容を登録して、メルマガ配信の効率を上げるための設定を行いましょう


以下に、テンプレートの設定及び利用方法についてご説明したいと思います。


テンプレートの設定及び利用方法


まず管理画面にログインし、メルマガのタイトルをクリックして下さい。


templaten18


メルマガ設定メニューの中の、「テンプレート設定」をクリックして下さい。


templaten19


テンプレートの設定画面上では、以下の2種類の設定を行うことができます。


    • 文面事前設定
    • フリー差し込み設定



順番に設定及び利用方法についてご説明したいと思います。

文面事前設定の設定方法


メルマガ文章の作成時に自動的に文面を入力してくれる、文面事前設定の設定方法について説明します。


設定項目として以下の2つがあります。


    • タイトル:
    • タイトル部分に自動入力させたい内容を入力します。

    • 本文:
    • 本文中に自動入力させたい内容を入力します。


templaten20


必要事項を入力してください。


templaten21


入力完了後、「設定する」ボタンをクリックしてください。


templaten22


設定が完了したことを示す画面が表示されます。


templaten23


以上で、文面事前設定の設定作業は完了です。

文面事前入力の利用方法


設定した文面事前設定の利用方法についてご説明します。


メール配信メニューの中の、「新規メール作成」をクリックしてください。


templaten24


新規メール作成画面上に、設定した文面がすでに入力されていることを確認して下さい。


templaten25


フリー差し込み設定の設定方法


メルマガ本文の任意の場所に差し込み文を入力することができるフリー差し込み設定の設定方法についてご説明します。


フリー差し込みでは10種類の差し込み文を入力することができます。


今回の説明では一番上にある「差し込み項目01」を設定する場合を想定しています。


templaten26


以下の画面のように必要項目を入力してください。


templaten27


入力が完了後、「設定する」ボタンをクリックしてください。


templaten28


設定が完了したことを示す画面が表示されます。


templaten29


以上で、フリー差し込みに関する設定作業は完了です。

フリー差し込み設定の利用方法


設定したフリー差し込みの利用方法についてご説明します。


メール配信メニューの中にある、「新規メール作成」をクリックしてください。


templaten30


本文の中で、先ほど設定したフリー差し込み設定をしたい位置にカーソルを置いて、「置換文字」ボタンをクリックして下さい。


templaten31


置換文字一覧の画面が表示されますので、フリー差し込み設定を行った項目の番号をクリックして下さい。


今回の説明では「差し込み項目01」に設定をしましたので、「%%Free1%%」をクリックして下さい。


templaten32


本文内に、「%%Free1%%」と入力されます。


この部分に、先ほど設定した文字列が自動的に入力されてメルマガが配信されます。


templaten33


実際にメールが配信されると、以下の図のように差し込み項目に設定した内容が記述されます。


templaten17




 

タグ :  

メール配信