エキスパートメール 詳細レビュー 機能解説

「エキスパートメール」パーフェクトガイド

「エキスパートメール」のエラーログ確認方法

読了までの目安時間:約 3分

「エキスパートメール」においてエラーログの確認方法について解説いたします。

はじめに


メルマガ配信を行っていると、配信エラーを起こすメールアドレスが出てきます。


理由は色々とありますが、「エキスパートメール」では、配信エラーが発生したメールアドレスの詳細なログ情報を取得しており、後からエラー内容を確認することが可能です。


以下に、エラーログの確認方法についてご説明したいと思います。


エラーログ確認方法


「エキスパートメール」の管理画面にログイン後、左側にあるサイドメニューの中にある、「エラーアドレス管理」をクリックしてください。


errorn01


これまでに発生したエラーアドレスリストが表示されます。


エラーの詳細を確認する場合には、「詳細」ボタンをクリックして下さい。


errorn02


エラーアドレスのエラー内容の詳細を確認することができます。


errorn03


なお、判断しているエラーは以下の5種類があります。



    • 不在アドレスエラー
    • 存在していないメールアドレスの場合にエラー表示されます。
      不在アドレスエラーを受け取ると配信対象から外され次回から配信はおこなわれません。

    • 受信拒否
    • メルマガ登録読者から受信拒否設定がされている場合にエラー表示されます。
      一時的なエラーとして判断しているため引き続き配信対象となります。

    • 一時エラー
    • メルマガ登録読者のメールアドレスに対して一時的なエラーなどが発生した場合に表示されます。
      一時的なエラーとして判断しているため引き続き配信対象となります。

    • メールサイズ超過
    • メルマガ登録読者の許容しているメールサイズを超過した場合にエラー表示されます。
      一時的なエラーとして判断しているため引き続き配信対象となります。

    • メールボックス容量超過
    • メルマガ登録読者のメールボックスの容量がいっぱいになっていて受信できない場合にエラー表示されます。
      一時的なエラーとして判断しているため引き続き配信対象となります。




以上で、エラーログの確認作業は完了です。




 

タグ :

情報確認

「エキスパートメール」の全体読者検索方法

読了までの目安時間:約 3分

「エキスパートメール」において複数のメルマガの中から特定の読者を検索する方法について解説いたします。

はじめに


「エキスパートメール」では複数のメルマガを作成することができるため、特定の読者の情報を検索する場合に、一つ一つのメルマガから読者を検索すると大変手間がかかります。


しかし、今回ご説明する全体読者検索の機能を使えば、一度の検索でどのメルマガに検索したい読者が登録されているかを探し出すことが可能です。


また、検索後に一括変換機能を利用してまとめて新しいメールアドレスに変更したり、登録されている全てのメルマガから一括解除をすることも可能です。


以下に、全体読者検索の方法についてご説明したいと思います。


全体読者検索方法


「エキスパートメール」の管理画面にログイン後、左側にあるサイドメニューの中にある、「アドレス全体検索」をクリックしてください。


allsearchn01


検索したい読者のメールアドレスを入力し、「検索する」ボタンをクリックしてください。


allsearchn02


以下の様な検索結果画面が表示されます。


allsearchn03


検索結果


検索後、対象読者が登録されているメルマガの一覧が表示されます。


対象読者がいない場合には空欄となります。


allsearchn04


一括処理


検索対象の読者情報に関して、以下の項目を一括変換することが可能です。



    • メールアドレス一括変換
    • 新メールアドレス欄に新しいメールアドレスを入力することで一括して変更することが可能です。

    • 読者一括解除
    • 登録されているメールアドレスを一括して登録されているメルマガから解除することが可能です。



allsearchn05


エラー情報


検索した登録読者のエラー情報を確認することができます。


エラー情報がない場合には空欄となります。


allsearchn06



以上で、全体読者検索の作業は完了です。





 

タグ :

情報確認

「エキスパートメール」の読者登録解除方法

読了までの目安時間:約 2分

「エキスパートメール」における登録をしている読者の解除方法について解説いたします。

はじめに


すでに登録した読者を管理者が手動で解除をしたい場合があると思います。


以下に、登録読者の解除方法についてご説明いたします。


登録読者解除方法


管理画面にログインし、検索対象とするメルマガをクリックして下さい。


researchn01


メルマガメニューの中にある、「読者検索/表示」をクリックして下さい。


researchn02


検索を行う画面が表示されますので、読者の検索を実施します。


researchn08


(※読者情報の表示及び検索方法の詳細については「読者情報表示/検索方法」の記事を参考にしてください。)


登録読者の一覧が表示されますので、解除したい読者欄の「解除」ボタンをクリックして下さい。


researchn14


登録読者の解除を行うかどうかの確認画面が表示されますので、「解除する」ボタンをクリックして下さい。


researchn15


登録読者の解除が完了したことを示す画面が表示されます。


researchn16


以上で、登録読者の解除作業は完了です。




 

タグ :

情報確認

「エキスパートメール」の読者登録情報の変更方法

読了までの目安時間:約 2分

「エキスパートメール」において登録している読者情報を変更するための方法について解説いたします。

はじめに


すでに登録している読者の情報を変更したい場合があります。


以下に、メルマガ登録読者の情報を変更する方法についてご説明したいと思います。


登録読者情報変更方法


管理画面にログインし、検索対象とするメルマガをクリックして下さい。


researchn01


メルマガメニューの中にある、「読者検索/表示」をクリックして下さい。


researchn02


検索を行う画面が表示されますので、読者の検索を実施します。


researchn08


(※読者情報の表示及び検索方法の詳細については「読者情報表示/検索方法」の記事を参考にしてください。)


検索結果が表示されますので、情報を変更したい読者の欄にある「編集」ボタンをクリックして下さい。


researchn09


読者編集画面が表示されます。


researchn10


読者情報の変更作業が完了しましたら、「確認」ボタンをクリックして下さい。


researchn11


情報を更新するかの確認画面が表示されますので、「編集する」ボタンをクリックして下さい。


researchn12


情報を更新したことを示す画面が表示されます。


researchn13


以上で、読者登録情報の変更に関する作業は完了です。





 

タグ :

情報確認

「エキスパートメール」の読者情報表示/検索方法

読了までの目安時間:約 7分

「エキスパートメール」においてメルマガに登録している読者情報の検索確認方法について解説いたします。

はじめに


メルマガに読者登録したユーザの情報を確認したいことがあると思います。


読者数が多くなると、目的の読者を検索することが難しくなる場合があります。


しかし、「エキスパートメール」では登録している情報を元に、詳細な条件を設定して検索を行うことが可能です。


検索方法は以下のパターンがあります。


    • 全リスト表示
    • 簡易検索
    • 詳細検索
    • アドレス一括検索


以下に、それぞれの検索方法についてご説明したいと思います。


登録読者の検索方法


管理画面にログインし、検索対象とするメルマガをクリックして下さい。


researchn01


メルマガメニューの中にある、「読者検索/表示」をクリックして下さい。


researchn02


検索を行う画面が表示されます。


それぞれの検索方法についてご説明します。

全リスト表示


全リストを表示させたい場合に使用します。


検索時には以下の項目を選択することが可能です。



  • エラー判定:
  • メルマガに登録されている読者のエラー状況に応じた検索を行います。
    検索の際には以下の3種類から選択することができます。

      • 正常アドレス
      • エラーアドレス
      • 全て

  • 解除判定:
  • メルマガに登録されている読者のメルマガ登録状況に応じた検索を行います。
    検索の際には以下の3種類から選択することができます。

      • 購読中アドレス
      • 解除アドレス
      • 全て



researchn03


簡易検索


検索したいキーワードがわかっている場合に使用します。


検索時には以下の項目を入力することが可能です。



  • キーワード:
  • 読者に登録されている情報をキーワードとして入力することができます。

  • エラー判定:
  • メルマガに登録されている読者のエラー状況に応じた検索を行います。
    検索の際には以下の3種類から選択することができます。

      • 正常アドレス
      • エラーアドレス
      • 全て

  • 解除判定:
  • メルマガに登録されている読者のメルマガ登録状況に応じた検索を行います。
    検索の際には以下の3種類から選択することができます。

      • 購読中アドレス
      • 解除アドレス
      • 全て



researchn04


詳細検索


絞り込み条件を指定して検索をする場合に使用します。


検索時には以下の項目を入力することが可能です。



  • 絞り込み条件:
  • すでに配信条件設定がされている項目を選択または個別設定で検索絞り込みをすることができます。

    (※配信先条件絞込の設定方法の詳細については「配信条件設定方法」の記事を参考にしてください。)

  • エラー判定:
  • メルマガに登録されている読者のエラー状況に応じた検索を行います。
    検索の際には以下の3種類から選択することができます。

      • 正常アドレス
      • エラーアドレス
      • 全て

  • 解除判定:
  • メルマガに登録されている読者のメルマガ登録状況に応じた検索を行います。
    検索の際には以下の3種類から選択することができます。

      • 購読中アドレス
      • 解除アドレス
      • 全て



researchn05


アドレス一括検索


特定のメールアドレスで検索を行う場合に使用します。


検索時には以下の項目を入力することが可能です。



  • メールアドレス:
  • 検索したいメールアドレスを入力して下さい。
    複数のメールアドレスを検索する場合には1行に1アドレスを入力します。

  • エラー判定:
  • メルマガに登録されている読者のエラー状況に応じた検索を行います。
    検索の際には以下の3種類から選択することができます。

      • 正常アドレス
      • エラーアドレス
      • 全て

  • 解除判定:
  • メルマガに登録されている読者のメルマガ登録状況に応じた検索を行います。
    検索の際には以下の3種類から選択することができます。

      • 購読中アドレス
      • 解除アドレス
      • 全て



researchn06


検索結果の表示


検索実行後は、以下の画面のように検索対象となった読者の一覧が表示されます。


researchn07


以上で、読者情報の表示及び検索作業は完了です。



 

タグ : 

情報確認

「エキスパートメール」のクリック分析の設定及び確認方法

読了までの目安時間:約 5分

「エキスパートメール」のクリック分析の設定及び確認方法について解説いたします。

はじめに


メルマガを配信する際に、メルマガに記述したURLのリンクがどの程度クリックされているかを調査したい場合があります。


「エキスパートメール」では、クリック分析を行う機能があります。


クリック分析はメルマガ(一括メール)及びステップメールの両方で行うことが可能です。


以下に、クリック分析の設定及び確認方法についてご説明したいと思います。


設定方法


クリック分析を行うためには短縮URLの設定を行う必要があります。


(※短縮URLの詳細については「短縮URLの設定方法」の記事を参考にしてください。)


管理画面にログインし、メルマガのタイトルをクリックして下さい。


clickn01


メルマガメニューの中にある、「新規メール作成」をクリックして下さい。


clickn02


短縮URLを設定するために必要となるリンクを本文内に記述します。


設定が完了しましたら、「次へ」ボタンをクリックして下さい。


clickn03


短縮URLの設定画面が表示されますので、クリック分析を行いたいURLにチェックを入れて下さい。


設定が完了したら、「次へ」ボタンをクリックして下さい。


clickn04


記述内容を確認後、「作成する」ボタンをクリックして下さい。


clickn05


一括メールが作成されたことを示す画面が表示されます。


clickn06


※ステップメールにおいてクリック分析を行うための設定作業も同様となります。


以上で、クリック分析を行うための設定作業は完了です。


確認方法


クリック分析の確認方法についてご説明します。


一括メールにおけるクリック分析を確認するため、メルマガメニューの中にある、「メール配信履歴」をクリックして下さい。


clickn07


配信履歴の一覧が表示されますので、クリック分析を行いたいメールの操作欄の「詳細」をクリックして下さい。


clickn08


本文内で短縮URLを設定したリンクの右側に赤字でクリック率とクリック数が表示されます。


また、クリック履歴として以下の項目を確認することができます。



    • クリック日時
    • リンクがクリックされた日時が表示されます。

    • リンクNo
    • 短縮URLを設定した際のリンクNoが表示されます。

    • 読者No
    • リンクをクリックした読者の読者Noが表示されます。

    • 読者メールアドレス
    • リンクをクリックした読者のメールアドレスが表示されます。

    • 読者名前
    • リンクをクリックした読者の名前が表示されます。
      登録されていない場合には空欄になります。




clickn09


同様に、ステップメールにおいてクリック分析を行う場合には、メルマガメニューの中にある、「ステップメール状況」をクリックして下さい。


clickn10


ステップメールの配信状況一覧が表示されますので、クリック分析を行いたいステップメールのステップ名をクリックして下さい。


clickn11


一括メールの時と同様のクリック履歴を確認することができます。


clickn12


以上で、クリック分析の確認作業は完了です。


データのダウンロード方法


クリック履歴に表示されているデーターをCSV形式でダウンロードすることが可能です。


クリック分析の確認画面上にある、「csvダウンロード」をクリックして下さい。


clickn13


処理画面が表示されますので、「ファイルを保存する」にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックして下さい。


clickn14


ファイルのダウンロード先を指定し、「保存」ボタンをクリックして下さい。


clickn15


CSV形式のファイルがダウンロードされます。


clickn16


CSVファイルを開くと、ブラウザ上で確認をした内容と同じデーターを確認することができます。


clickn17


以上で、クリック分析データのダウンロード作業は完了です。




 

タグ :

情報確認

「エキスパートメール」の読者データ抽出方法

読了までの目安時間:約 2分

「エキスパートメール」の登録読者データを抽出する方法について解説いたします。

はじめに


「エキスパートメール」では、メルマガ読者の登録データは運営会社であるエキスパート社(旧:ビジトリー社)の運用するサーバー上に保存されることになります。


しかし、サーバーの障害などでデーターが紛失する恐れもありますので、自分の手元にもメルマガ読者のデータを抽出して保存しておけば、万が一の時にも対応することができます。


以下に、登録読者のデータ抽出方法についてご説明したいと思います。


読者データ抽出方法


登録読者のデータを抽出したいメルマガをクリックして下さい。


researchn01


メルマガメニューの中にある、「読者検索/表示」をクリックして下さい。


researchn02


検索を行う画面が表示されますので、抽出したい読者の検索を実施します。


researchn08


(※読者情報の表示及び検索方法の詳細については「読者情報表示/検索方法」の記事を参考にしてください。)



登録されているデータの一覧が表示されますのでページの下に移動し、「csvダウンロード」をクリックして下さい。


researchn17


ファイルの保存を指定して、「OK」ボタンをクリックして下さい。


researchn18


ファイルの保存先を指定して、「保存」ボタンをクリックして下さい。


researchn19


csvファイルが保存されていることを確認して下さい。


researchn20


以上で、登録読者データの抽出作業は完了となります。





 

タグ :  

情報確認