エキスパートメール エラーログ 確認方法

「エキスパートメール」パーフェクトガイド

「エキスパートメール」のエラーログ確認方法

読了までの目安時間:約 3分

「エキスパートメール」においてエラーログの確認方法について解説いたします。

はじめに


メルマガ配信を行っていると、配信エラーを起こすメールアドレスが出てきます。


理由は色々とありますが、「エキスパートメール」では、配信エラーが発生したメールアドレスの詳細なログ情報を取得しており、後からエラー内容を確認することが可能です。


以下に、エラーログの確認方法についてご説明したいと思います。



エラーログ確認方法


「エキスパートメール」の管理画面にログイン後、左側にあるサイドメニューの中にある、「エラーアドレス管理」をクリックしてください。


errorn01


これまでに発生したエラーアドレスリストが表示されます。


エラーの詳細を確認する場合には、「詳細」ボタンをクリックして下さい。


errorn02


エラーアドレスのエラー内容の詳細を確認することができます。


errorn03


なお、判断しているエラーは以下の5種類があります。



    • 不在アドレスエラー
    • 存在していないメールアドレスの場合にエラー表示されます。
      不在アドレスエラーを受け取ると配信対象から外され次回から配信はおこなわれません。

    • 受信拒否
    • メルマガ登録読者から受信拒否設定がされている場合にエラー表示されます。
      一時的なエラーとして判断しているため引き続き配信対象となります。

    • 一時エラー
    • メルマガ登録読者のメールアドレスに対して一時的なエラーなどが発生した場合に表示されます。
      一時的なエラーとして判断しているため引き続き配信対象となります。

    • メールサイズ超過
    • メルマガ登録読者の許容しているメールサイズを超過した場合にエラー表示されます。
      一時的なエラーとして判断しているため引き続き配信対象となります。

    • メールボックス容量超過
    • メルマガ登録読者のメールボックスの容量がいっぱいになっていて受信できない場合にエラー表示されます。
      一時的なエラーとして判断しているため引き続き配信対象となります。




以上で、エラーログの確認作業は完了です。




 

タグ :

情報確認

この記事に関連する記事一覧