エキスパートメール 短縮URL 設定方法

「エキスパートメール」パーフェクトガイド

「エキスパートメール」の短縮URL設定方法

読了までの目安時間:約 5分

「エキスパートメール」において短縮URLの利用方法及び自由項目の自動書き換え設定方法について解説いたします。

はじめに


エキスパートメールでは、短縮URLを利用してメルマガ読者の動向調査をすることができます。


この機能を使用すれば、クリック分析や自由項目の自動書き換えなど行うことができます。


また、短縮URLの有効期限を設定することも可能であるため、時間制限のイベント用のリンクとしても活用することができます。


以下に、短縮URLの設定方法についてご説明したいと思います。



短縮URLの設定方法


まず、管理画面にログインし、「メール配信」をクリックしてください。





短縮URLの設定をしたいメルマガのタイトルをクリックして下さい。





左側のメニューの中にある、「新規メール作成」をクリックして下さい。





記事の内容を記入します。


※短縮URLを使用する場合、本文中にURLの表記が必ず必要になります。


(※クリック分析の設定及び確認方法の詳細については「クリック分析の設定及び確認方法」の記事を参考にしてください。)


入力作業が完了しましたら、「次へ」ボタンをクリックして下さい。





短縮URLを設定する画面が表示され、こちらで設定を行います。




短縮URLの設定のみを行う場合


「短縮URL 一括設定」ボタンをクリックしてください。





設定画面が表示されますので、こちらの画面で設定を行います。





短縮URLの機能を利用したいURLにチェックを入れて下さい。





短縮URL機能で、自動的に読者情報を変更したい項目をプルダウンで選択して下さい。


変更値の欄には、URLをクリックされた時に設定した項目に書き込みを行いたい文字列を入力して下さい。


「最後」にクリックされたURLの文字列が指定した自由項目の中に記録されます。





グループ設定は、同じ文字列を入力したURLをグループとみなし、「最初」にクリックされた文字列を指定した項目内に記録されます。





入力が完了しましたら、「適用」ボタンをクリックして下さい。





確認画面が表示され、赤枠で囲まれたように設定した内容が反映されて表示されます。





以上で設定作業は完了です。


短縮URLに有効期限を設定する場合


有効期限を設定するURLを選択するため、「短縮URL 一括設定」ボタンをクリックしてください。





設定を行いたいURLにチェックを入れて、「適用」ボタンをクリックしてください。





次に、「短縮URL 有効期限一括設定」ボタンをクリックしてください。





設定画面が表示されますので、こちらで設定を行います。





メルマガの配信日時を起点とした「時間」で設定する場合には、赤枠で囲まれた位置にチェックを入れて時間を入力します。





メルマガの配信日時を起点とした「日時」で設定を行う場合には、赤枠で囲まれた位置にチェックを入れて日付と時間を入力します。





設定作業が完了しましたら、「適用」ボタンをクリックしてください。





確認画面が表示され、赤枠で囲まれたように設定した内容が反映されて表示されます。





以上で設定作業は完了です。


設定内容の保存方法


短縮URLの設定作業が完了しましたら、「次へ」ボタンをクリックしてください。





入力内容の確認後、「作成する」ボタンをクリックして下さい。





一括メールの作成が完了したことを示す画面が表示されます。





実際にメールが配信されると、以下の図のようにURLが短縮URLで表記されます。


shorturln11


以上で、短縮URLの設定作業は完了です。



 

タグ :  

メール配信

この記事に関連する記事一覧