エキスパートメール テンプレート 設定方法

「エキスパートメール」パーフェクトガイド

「エキスパートメール」のテンプレート設定方法

読了までの目安時間:約 5分

「エキスパートメール」のテンプレートの設定及び利用方法について解説いたします。

はじめに


「エキスパートメール」では、置換文字を利用して、名前の差し込みや、テンプレートに設定した文字を入力する機能があります。


そこで、テンプレートによく使用する内容を登録して、メルマガ配信の効率を上げるための設定を行いましょう


以下に、テンプレートの設定及び利用方法についてご説明したいと思います。



テンプレートの設定及び利用方法


まず管理画面にログインし、メルマガのタイトルをクリックして下さい。


templaten18


メルマガ設定メニューの中の、「テンプレート設定」をクリックして下さい。


templaten19


テンプレートの設定画面上では、以下の2種類の設定を行うことができます。


    • 文面事前設定
    • フリー差し込み設定



順番に設定及び利用方法についてご説明したいと思います。

文面事前設定の設定方法


メルマガ文章の作成時に自動的に文面を入力してくれる、文面事前設定の設定方法について説明します。


設定項目として以下の2つがあります。


    • タイトル:
    • タイトル部分に自動入力させたい内容を入力します。

    • 本文:
    • 本文中に自動入力させたい内容を入力します。


templaten20


必要事項を入力してください。


templaten21


入力完了後、「設定する」ボタンをクリックしてください。


templaten22


設定が完了したことを示す画面が表示されます。


templaten23


以上で、文面事前設定の設定作業は完了です。

文面事前入力の利用方法


設定した文面事前設定の利用方法についてご説明します。


メール配信メニューの中の、「新規メール作成」をクリックしてください。


templaten24


新規メール作成画面上に、設定した文面がすでに入力されていることを確認して下さい。


templaten25


フリー差し込み設定の設定方法


メルマガ本文の任意の場所に差し込み文を入力することができるフリー差し込み設定の設定方法についてご説明します。


フリー差し込みでは10種類の差し込み文を入力することができます。


今回の説明では一番上にある「差し込み項目01」を設定する場合を想定しています。


templaten26


以下の画面のように必要項目を入力してください。


templaten27


入力が完了後、「設定する」ボタンをクリックしてください。


templaten28


設定が完了したことを示す画面が表示されます。


templaten29


以上で、フリー差し込みに関する設定作業は完了です。

フリー差し込み設定の利用方法


設定したフリー差し込みの利用方法についてご説明します。


メール配信メニューの中にある、「新規メール作成」をクリックしてください。


templaten30


本文の中で、先ほど設定したフリー差し込み設定をしたい位置にカーソルを置いて、「置換文字」ボタンをクリックして下さい。


templaten31


置換文字一覧の画面が表示されますので、フリー差し込み設定を行った項目の番号をクリックして下さい。


今回の説明では「差し込み項目01」に設定をしましたので、「%%Free1%%」をクリックして下さい。


templaten32


本文内に、「%%Free1%%」と入力されます。


この部分に、先ほど設定した文字列が自動的に入力されてメルマガが配信されます。


templaten33


実際にメールが配信されると、以下の図のように差し込み項目に設定した内容が記述されます。


templaten17




 

タグ :  

メール配信

この記事に関連する記事一覧