エキスパートメール SPFレコード 設定方法

「エキスパートメール」パーフェクトガイド

「エキスパートメール」のSPFレコードを利用したメルマガ到達率改善方法

読了までの目安時間:約 10分

「エキスパートメール」においてSPFレコードをDNSに設定した独自ドメインメールアドレスを利用することで、メルマガの到達率改善を行うための方法について解説いたします。

はじめに


「エキスパートメール」を利用していて、送信元アドレスを無料メール(GmailやYahoo!メール等)で指定しているとかなりの確率で「迷惑メール」判定を受けてしまいます。


「迷惑メール」判定を受ける要因は複数存在しており、その中の一つとして送信元アドレスの「なりすまし」判定があります。


そこで、独自ドメインを利用したメールアドレスを作成し、作成したメールアドレスに対してSPFレコードをDNSに設定することで「なりすまし」判定を避けるようにしましょう。


送信元メールアドレスの「なりすまし」判定を受けない設定を行うことで、「迷惑メール」判定を受けるリスクを低減し、無料メールを利用した時よりもメルマガ到達率の向上がはかれるようにしましょう。



独自ドメインのメールアドレス作成


独自ドメインを利用したメールアドレスを作成します。


今回はエックスサーバー上に独自ドメインを利用したサイトを運営している場合を想定してご説明したいと思います。


まず、エックスサーバーのインフォパネルへログインをしてください。


spfcloud01


サーバーパネルへログインをしてください。


spfcloud02


メールアドレスを作成したいドメインを選択し、「設定する」ボタンをクリックしてください。


spfrecord07


ドメインの選択が完了しましたら、「メールアカウント設定」をクリックしてください。


spfrecord08


「メールアカウント追加」をクリックしてください。


spfrecord09


メールアカウントに関する以下の情報を入力します。



    • メールアカウント:
    • 作成したいメールアカウントの情報を入力してください。

    • パスワード:
    • 作成するメールアドレス用のパスワードを入力してください。

    • 容量:
    • デフォルトの値のままで構いません。

    • コメント:
    • メールアドレスの使用目的などの情報を入力してください。



入力が完了しましたら、「メールアカウントの作成(確認)」ボタンをクリックしてください。


spfrecord10


入力情報を確認し、「メールアカウントの作成(確定)」ボタンをクリックしてください。


spfrecord11


メールアカウントの追加が完了したこと示す画面が表示されます。


一覧にメールアカウントがあることを確認するため、「メールアカウント一覧」をクリックしてください。


spfrecord12


一覧に作成したメールアドレスがあれば作成作業は完了です。


spfrecord13


SPFレコードの設定


作成したメールアドレスで使用されているドメインに対してSPFレコードを設定します。


「DNSレコード設定」をクリックしてください。


spfrecord14


「DNSレコードの追加」をクリックしてください。


spfrecord15


DNSレコードの設定画面で以下の情報を入力します。



    • ホスト名:
    • 空欄のままで構いません。

    • 種別:
    • 「TXT」を選択します。

    • 内容:
    • 以下の内容を入力します。
      v=spf1 include:_spf.exp-t.jp ~all

      ※ソースをコピーする際には以下の記述をダブルクリックしてコピーを行って下さい。
      v=spf1 include:_spf.exp-t.jp ~all
      

    • 優先度:
    • デフォルトの値のままで構いません。



入力が完了しましたら、「DNSレコードの追加(確認)」ボタンをクリックしてください。


spfrecord16


入力内容を確認後、「DNSレコードの追加(確定)」ボタンをクリックしてください。


spfrecord17


DNSレコードが追加されたことを示す画面が表示されます。


SPFレコードが正しく設定されるかを確認するため、「DNSレコードの一覧」をクリックしてください。


spfrecord18


以下の画面のようにSPFレコードが設定されていることを確認して下さい。


spfrecord19


以上で、SPFレコードの設定作業は完了です。


SPFレコードの設定確認


SPFレコードを設定しましたが、正常に動作をしているかの確認を行います。


Windowsを利用していれば、コマンドプロンプトを利用して確認を行うことができます。


また、SPFレコードの設定状況を簡単に確認することのできるSPFレコードチェックツールがWeb上で公開されていますので、こちらでも確認することが可能です。


コマンドプロンプトを用いた確認


まず、コマンドプロンプトを利用しての確認方法についてご説明したいと思います。


コマンドプロンプトを起動します。


spfrecord22


コマンドプロンプト上に以下のコマンドを入力してください。


nslookup -q=txt exp-t.jp


※ソースをコピーする際には以下の記述をダブルクリックしてコピーを行って下さい。
nslookup -q=txt exp-t.jp


spfrecord20


コマンドを入力後、リターンキーをクリックしてください。


コマンドプロンプト上に以下のような画面が表示されればSPFレコードは正常に動作をしています。


spfrecord21


以上で、コマンドプロンプトを利用した確認作業は完了です。

SPFレコードチェックツールを用いた確認


続いて、SPFレコードチェックツールを利用した確認方法についてご説明したいと思います。


以下のリンクをクリックしてください。


SPFレコードチェックツール


赤枠で囲まれた部分に情報を入力して確認作業を行います。


spfrecord01


ツールに以下の情報を入力します。



    • IP address:
    • 以下の情報を入力してください。
      133.242.129.30

    • Mail From address:
    • SPFレコードを設定したメールアドレスを入力してください。



入力が完了しましたら、「Test SPF Record」ボタンをクリックしてください。


spfrecord02


結果が表示され、赤枠で囲まれた部分のように、「PASS」と表示されていれば正しくSPFレコードが設定されています。


spfrecord03


以上で、SPFレコードチェックツールを利用した確認作業は完了です。


メルマガへのメールアドレス設定


最後に、作成したメールアドレスを「エキスパートメール」の送信元アドレスに設定を行います。


「エキスパートメール」の管理画面にログインし、「メール配信」をクリックしてください。





SPFレコードを設定したメールアドレスを設定したいメルマガのタイトルをクリックしてください。





左側のメルマガ設定メニューの中にある、「基本設定」をクリックしてください。





以下の画面の、「発行者メールアドレス」欄に作成したメールアドレスを入力するためには、「個別入力」ボタンをクリックします。





メールアドレスを直接入力することができるようになりますので、赤枠で囲まれた部分にSPFレコードを設定したメールアドレスを入力後、「設定する」ボタンをクリックしてください。





設定が完了したことを示す画面が表示されます。


spfrecord31

以上で、メールアドレスの設定作業は完了です。

(※メルマガの作成方法の詳細については「メルマガの設定方法」の記事を参考にしてください。)



 

タグ :   

Tips

この記事に関連する記事一覧